• TOP
  • >
  • 美馬青年会議所
  • >
  • 理事長所信

一般社団法人美馬青年会議所
第40代 理事長 遠藤 圭介

 
 美馬青年会議所は、1981年に設立して以来、私たちの住み暮らすまちに対して貢献するために、一歩一歩歴史を刻み続けた結果として、創立40周年という節目を迎えることができました。 40周年は、1つの区切りであるとともに、組織として次の10年に向けてのスタートだと考えています。今まで諸先輩方が創ってきた組織の色を受け継ぎつつ、日々変わりゆく時代の中、明確な強い意志を持って、新しい色を現役メンバーで作って い こうと考えています。

 私は、美馬青年会議所は、自らを高め、地域社会と共に成長する志を持った青年の集まりであり、自発的に運動を行う組織であるべきだと考えています。組織 に 所属しているだけで、ただ日々を過ごしていては、何も得ることなく卒業を迎えることになります。 メンバー 一人ひとりが組織の運動を理解し、組織における自らの立場を全うすることにより、美馬の地を愛し、 まちに対して責任を背負える人財が育つと信じています。そうした 人財 を輩出し続けることにより、私たちの住み暮らすまちに対して、責任を背負える リーダーを継続的に生み出すこと が、美馬青年会議所としての組織のあるべき姿だと考えています。
 
 また、メンバーが自分たちの運動内容を、自信を持って語れるようになることで、一人ひとりの自信に繋がり、そしてそれは組織全体の自信と評価に繋がっていきます。共に切磋琢磨し、目的達成のための課題を解決していく中で生まれてくる仲間意識は、青年会議所運動を自発的に行っていくことによりできるものだと考えています。美馬青年会議所に所属していることに価値を見出してもらい、メンバー自身がすでに持っている様々な価値を膨らませ、成長することのできる場所だと感じてもらい たいと考えています。そして、自分自身が成長し、自己肯定感を高め、自分の価値を見出すことによって、組織さらには自分たちの住み暮らすまちの中で価値あるリーダーになれると信じています。

 そして、その組織を維持するためには、会員拡大をメンバー全員で行うことが必要不可欠です。しかし、近年問題視されている生産年齢人口の減少により、私たちの地域でも会員拡大が難しいものになっているのが現状です。ただ、会員拡大を組織を維持するための活動として行うのではなく、私たちの地域を愛し、地域に対して責任を背負える人財を継続的に生み出す ための運動 として行うことが大切です 。そのことを、メンバーが理解し 自分たちの運動に対して自信を持って語れるようになることで、メンバー一人ひとりが価値ある人財になり、この地域の同世代の青年から見て魅力ある組織になると信じています。

 私は、青年会議所の一番の目的は、メンバーの「考え方」を育てる こと だと 考えていま す。私たちが、自分の豊かさや、幸せだけでなく 、まわりの豊かさや 幸せを考える ことによって自分の心が広がり、そして自分の心を豊かにすることによって、明るい豊かな社会を築くことに貢献できると信じています。 運動を行 っていく中で、忙しい時、苦しい時、価値を見出せない時もあると思います。しかし、このまちの責任世代という自覚を持って課題に対して共に悩み、運動を起こし、自発的に行動することにより共に成長していきましょう。