第36代理事長  秋山 学 君



基本理念


成 長
~現在に満足せず未来を創造する~

基本方針


・未来を担う子供たちの育成
・まち全体が素晴らしさを知り発信
・地域社会の課題を把握し組織としてのさらなる成長
・一般社団法人美馬青年会議所の運動を発信
・会員一人ひとりがさらなる成長
・共に成長できる会員の拡大

理事長所信

【はじめに】
 一般社団法人美馬青年会議所は創立から36年になります。この歴史の中で「自分を成長させたい」、「自分の暮らす故郷をより良いものにしていきたい」など、卒業された諸先輩方や私たちもそれぞれに入会理由があります。しかし、青年会議所の運動を通じて自分自身を成長させ、自分の周りにも活かしていきたい想いは同じです。
 仲間と共により良いまちづくり、ひとづくりができる方法を日々考え、運動することで組織の中で様々な修練を重ねて成長し、周囲に良い影響を与えます。この成長が連鎖し、伝播していくことで、自分自身を見直したとき大きな効果となり実感できます。今までもこれからも、私たち一般社団法人美馬青年会議所が郷土にある魅力や問題点を、20歳から40歳の青年の観点で捉え、考え、運動を起こし、提案し続けていきます。そうすることで、私たちの住み暮らす地域がより誇らしい場所に成長するための足掛かりになっていきます。

【未来を担う子供たちのために】
 私たちの子供の頃と比較すると、子供たちの環境は大きく変わりました。当時は子供同士の直接的なコミュニケーションで人の痛みや温もりを知ると共に、大人たちとの関わりからも思いやりや優しさを学んでいました。子供の成長に良い人間関係を形成するために地域の人たちと関わり合える機会を提供することは大切な事です。
 30年以上思いを込めて実施しているちびっこ相撲大会を開催することで、勝敗の厳しさや思いやりを学んでもらい、子供たちの笑顔や泣き顔も成長に繋げます。
 そして、これからの地域の未来を考えると、今一度、大人が地域の子供たちに関心を持ち、子供たちを取り巻く環境がどの様に変化しているのか知り、地域に住み暮らす大人として、子供たちにどのように接していくべきかを考える機会も必要です。
 未来をより良いものにするために、私たちも子供たちと共に成長していきます。

【まち全体が素晴らしさを知り発信する】
 少子化や、若年層の都市部への人口の流出が原因で多くの地方では人口が減少し、地域のコミュニティも縮小しているなかで、人間関係が希薄になりつつありますが私たちの周りには、まだ古き良き時代の人間関係が残っていると感じます。
 私たちが人間関係を活かし、地域に住む人や、活動されている組織から地域社会の成長のために活かせる情報を得ることにより、この地域の素晴らしさにもっと興味を持ち、まだ知らないこのまちの良さに気付ける運動を行います。
 そうすることにより、私たちと同じ地域に住む人たちが美馬市、つるぎ町の素晴らしさに誇りを持ち、自然とこのまちの良さを発信し、私たちが運動を行う地域以外の人にもこの町の魅力に気付いてもらう機会とします。
 私たちがまちの素晴らしさを知り、考え、運動を起こし、発信することで相乗効果を生み地域の成長に繋げます。

【地域社会の課題を把握し組織としてのさらなる成長をする】
 この地域には、多くの課題があります。それには解決策がまだ見いだせていない物事や、解決への糸口を見つけられるものがあると考えます。それを私たちが知り、考え、運動し、結果を検証して提案することができれば、今後の地域の成長に役立てることができます。
 地域社会はもとより組織内での現状を理解し良い運動を続けていくために、あらゆる分野に興味を持つことが大切です。これを意識して行うことができれば、私たちの周囲により良い影響を与えることができます。それが地域や人を活性化できる手段になるのではないでしょうか。
 より良い地域をつくるという気持ちで運動を続けることが私たちの組織を成長させます。成長はインプットとアウトプットを繰り返し行うことだと考えます。周囲を見渡し思いやり、課題の発掘と検証を行いながら運動を行うことで、地域の成長と組織の成長に繋げます。

【私たちの運動を発信し理解を深めるために】
 私たちは青年会議所という組織名にもある様に、会議を軸として運動を行っています。会議を行うには様々な準備が必要です。情報収集や伝達を円滑に行い、組織内で必要な事の内部への発信、資料の作成、確認、そして理事会議の運営、志を同じくし運動をされております各地の青年会議所とのコンタクトなど、多くの業務のもとで構築できる賜物であります。
 そして、私たちの運動や新しい情報を、広く外部に向けても発信し続けていくことで一般社団法人美馬青年会議所への理解と、認知度の向上を得る事ができ、あらゆる角度からの成長の支えになると確信します。運動を行う実行力と、その運動を広く周知する広報力は必要不可欠です。運営と広報を綿密に行い一般社団法人美馬青年会議所が運動を継続していくちからとします。

【おわりに】
 「人は人によって磨かれる」という言葉通り、人の成長は一人でできるものではありません。目的意識を共有できる仲間がいて初めて成長ができ、自身の成長を知ることができます。今よりも自分を磨き成長を実感するには青年会議所は意義深い場です。自らを見つめ、課題を設け進んで取り組み、仲間と意見の交換を行い検証することでより良い成長に繋がります。また、ためらわず少しだけ身の丈を超えたところに前向きに手を伸ばし、あらゆるかたちで挑むことで私たちが成長を実感し、ここで学んだ事をそれぞれの立場で活かしてまいります。
 さらに、同じ志を持つ仲間を一人でも多く増やすことで組織力をより向上させていきます。思いが伝われば仲間は増えると確信します。思いを人に伝える方法は多岐に渡ります。その中でも生の声を、相手の目を見ながら伝えることに勝るものはありません。自分の言葉で話す事には説得力があり、伝えたい相手に響きます。
 今年一年研鑽を繰り返し、私達が運動を行っています地域社会の成長のために組織として、人としてさらなる成長をしていきます。
 成長の機会を楽しみ、実りある一年にしましょう。一年間どうぞ宜しくお願い致します。