青年会議所とは?
青年会議所とは、通称「JC(ジェイシー)」の名で親しまれ、1949年に設立されました。
明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所運動は始まりました。 共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに、各地に次々と青年会議所が誕生しました。 1951年には、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
 現在、日本全国に697の青年会議所があり、「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、より良い社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。 さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、様々な活動を展開しています。
 青年会議所の特性として、品格ある青年であれば個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し、社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。 会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
 各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。 青年会議所における様々な実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各業界で社会に貢献しています。
例えば国会議員をはじめ、知事・市長・地方議員等の人材を多数輩出し、地域のリーダーに留まらず、日本のリーダーとして活躍中です。

  •  ★主な青年会議所の出身者★

・政治家

  • 麻生太郎(飯塚JC、第92代内閣総理大臣、日本JC第28代会頭)
  • 石原伸晃(東京JC、衆議院議員)
  • 小渕恵三(群馬JC、第84代内閣総理大臣)
  • 小泉純一郎(横須賀JC、第87・88・89代内閣総理大臣)
  • 小泉進次郎(横須賀JC、衆議院議員)
  • 鴻池祥肇(尼崎JC、参議院議員、日本JC第30代会頭)
  • 塩川正十郎(東大阪JC、東洋大学総長、元衆議院議員)
  • 塩崎恭久(松山JC、衆議院議員)
  • 菅直人(東京JC、第94代内閣総理大臣、衆議院議員)
  • 鳩山邦夫(東京JC、衆議院議員)
  • 鳩山由紀夫(室蘭JC、第93代内閣総理大臣)
  • 中曽根康弘(高崎JC、第71・72・73代内閣総理大臣)
  • 細野豪志(三島JC、衆議院議員)
  • 森喜朗(小松JC、第85・86代内閣総理大臣)


・スポーツ選手

  • 稲尾和久(福岡JC、元プロ野球選手)
  • 越本隆志(宗像JC、元プロボクサー、WBCフェザー級王者)
  • 堀井学(苫小牧JC、元スピードスケート選手、リレハンメルオリンピック銅メダリスト)
  • ラリー・バード(アメリカ合衆国、元NBAプロバスケットボール選手)


・芸術家

  • 市川團蔵(東京JC、歌舞伎役者、日本舞踊柏木流宗家)
  • 千玄室(京都JC、茶道裏千家15代家元、国際ロータリー日本財団会長)
  • 坂田藤十郎(東京JC、歌舞伎役者、日本舞踊柏木流宗家)


・その他

  • 高須克弥(名古屋JC、高須クリニック院長)
  • 堤清二(東京JC、セゾングループオーナー)
  • 平尾昌晃(東京JC、歌手、作曲家、モンブラン国際文化賞)


・海外の主なJCI出身者

  • ヴァルター・シェール(ドイツ、元大統領)
  • ウォルター・モンデール(アメリカ合衆国、元副大統領)
  • コフィー・アナン(ガーナ共和国、元国際連合事務総長)
  • ジャック・ルネ・シラク(フランス、元大統領、元アンドラ公国共同元首)
  • ジョン・F・ケネディ(アメリカ合衆国、元大統領)
  • チャールズ・リンドバーグ(アメリカ合衆国、飛行家)
  • トーマス・S・モナハン(アメリカ合衆国、ドミノピザ創業者)
  • ビル・クリントン(アメリカ合衆国、元大統領)
  • ビル・ゲイツ(アメリカ合衆国、マイクロソフト創業者)
  • ピート・ウィルソン(アメリカ合衆国、政治家)
  • リチャード・ニクソン(アメリカ合衆国、元大統領)
  • ロナルド・レーガン(アメリカ合衆国、元大統領)